社団法人国際せきずい損傷リハビリテーション協会

HOME > 法人の皆様へ > ご協力事例 > 釣り船 丸十丸 様

釣り船 丸十丸 様

 三浦半島・小網代湾「丸十丸」の小菅船長は、自身も怪我によって車椅子生活を余儀なくされた経験をお持ちで、車椅子の方が沖釣りを楽しむにはどうしたらよいか以前から考えていらっしゃいました。そこで脊髄損傷者が出来ること出来ないことをお伝えし、どのような環境であれば揺れる船の上で座っていることが出来るか提案させて頂きました。
 船内の特注椅子や詰所入口のスロープ設置に加え、実際に脊髄損傷者に乗船していただき餌置き場の増設など細部まで工夫していただきました。
設備の工夫の他、狙う魚によってまったく異なる釣り竿や仕掛けの中から脊髄損傷者が狙いやすい魚は何かというところまで考えていただきました。
 既存の船を完全なバリアフリーにすることは難しいですが、少しの工夫で脊髄損傷者でも十分釣りを楽しむことができる
船となりました。


船首から船尾へ続くベンチへ背もたれと肘置きのついた椅子を取り付けること揺れる船上でも在位保持が可能に


乗船は担ぎ上げなければならない


餌置き場を使いやすい位置へ増設


詰所入口のスロープ増設



ご協力事例TOPへ